一宮町予防接種情報提供サービス

ひとり親家庭への支援

ひとり親家庭に対し、子どもを育てながら自立した生活を送れるよう支援策が設けられています。

★児童扶養手当

・対象者

前年中の所得(1~6月までに認定請求した場合は、前々年の所得)が一定額末満であり、18歳到達後の最初の3月31日までの児童(20歳未満で一定の障害のある児童も対象)を養育している父(母)又は父(母)に代わって児童を養育されている方。

*ただし、次の場合は受給できません。①児童が父(母)の配偶者(事実婚を含む)に養育されてる方、②父(母)又は児童が日本国内に住所がない方、③児童福祉施設に入所、又は、里親に委託されている方。

◎法改正により、平成26年度12月以降、児童、母等が公的年金等を受けることができるときであっても、公的年金等と児童扶養手当の差額が支給される場合もあります。

・対象児童

父母が婚姻を解消した子ども
父(母)が死亡した子ども
父(母)が重度の障害の状態の状態にある子ども
父(母)の生死が明らかでない子ども
父(母)から1年以上遺棄されている子ども
父(母)が1年以上拘禁されている子ども
母が婚姻によらないで妊娠した子ども

・手当月額 所得や児童数により算出します。 ※この項目は制度が変わる場含があります。

【平成29年4月からの金額】
児童数   全部支給     一部支給
1人    42,290円  42,280円~9,980円
2人    10,000円加算  9,990~5,000円加算
3人以降  6,000円加算  5,990~3,000円加算

★医療費助成事業

母子(父子)家庭の母(父)及びその児童が保険医療給付を受けた場合、医療費の自己負担額の一部を助成しています。※所得による制限があります。

★母子(父子)・寡婦福祉資金

母子(父子)家庭・寡婦の経済的自立を応援するため、貸付金の種類を定め、千葉県で貸付事業を行っています。

★JR定期券の割引

児童扶養手当を受給している世帯に属する者が、JR東日本の通勤用定期券を購入する場合、料金が3割引になります。
≪戻る